08/18/2020

論文「日本におけるCOVID19との闘い」

日本は新型コロナウイルスの感染対策として強力なロックダウンを行わずに、強制力のない外出制限や接触制限を行いました。これによって大量解雇や経済崩壊は回避されましたが、政府に対する国民の信頼は大きく低下しました。それは、大規模な景気刺激策が導入されたものの、実際に国民に支援が行き渡っていないからではないでしょうか。また、コロナウイルスの検査件数が少ないという点でも政府の施策には批判が上がっています。公式発表によると、6月末までの感染者数はおよそ2万人弱、死亡者数は1000人弱となっています。

 

Photo: B_Me for pixabay

Friedrich-Ebert-Stiftung
Japan Office

〒107-0052 東京都港区
赤坂7-5-56
ドイツ文化会館410

+03 6277-7551
+03 3588-6035

office(at)fes-japan.org

back to top