24.05.2018

日本-ドイツ政治対話プログラム「北東アジアの安全保障政策」

北東アジアの安全保障の現状について、日本とドイツの国会議員、有識者等が対話を行いました。

Photo: "Inter-Korean Summit Signing Ceremony" by Inter-Korean Summit Press Corps, licensed under CC BY-NC-SA 2.0

北朝鮮の核兵器と弾道ミサイル開発によって、北東アジアの治安は非常に悪化している。韓国のみならず日本も、特に2017年にミサイル2発が日本の上空を通過して以来、近年の展開に脅威を感じている。この日本-ドイツ政治対話プログラムでは、日本とドイツの国会議員と有識者等がそれぞれの国の視点から北東アジアの現状について議論した。この際、特に核拡散防止体制が直面する危機、また北朝鮮の金正恩総書記と韓国の文在寅大統領の首脳会談の影響について意見が交わされた。

日時:2018年5月20日~24日

Friedrich-Ebert-Stiftung
Japan Office

〒107-0052 東京都港区
赤坂7-5-56
ドイツ文化会館410

+03 6277-7551
+03 3588-6035

office(at)fes-japan.org

back to top