19.04.2013

国際シンポジウム 「日本とドイツのエネルギーシフト 日独協力の課題と展望」

このシンポジウムでは、ドイツと日本の脱原発と再生可能エネルギーへのシフトのプロセスに関して活発な対話を促すとともに、背景の理解を深め、政治・経済・技術レベルの課題に関する共通点と相違点を探りました。

Photos: FES Japan

20113月の福島第一原子力発電所事故は猛烈な反原発の声を巻き起こし、日本のエネルギー政策に大きな方針転換をもたらしました。日本は今後、脱原発と自然エネルギー拡大の方向へと向かうでしょう。一方ドイツにとっても、福島の事故は重要なターニングポイントとなりました。

本シンポジウムでは、ドイツと日本の脱原発と再生可能エネルギーへのシフトのプロセスに関して活発な対話を促すとともに、背景の理解を深め、政治・経済・技術レベルの課題に関する共通点と相違点を探ります。

日時: 2013419日(金) 18002000 (公開パネルディスカッション)
場所: OAGドイツ東洋文化研究協会ホール(港区赤坂7-5-56
言語: ドイツ語・日本語同時通訳

主催:フリードリヒ・エーベルト財団、自然エネルギー財団 協力:日独産業協会

Friedrich-Ebert-Stiftung
Japan Office

〒107-0052 東京都港区
赤坂7-5-56
ドイツ文化会館410

+03 6277-7551
+03 3588-6035

office(at)fes-japan.org

back to top