24.02.2021

オンラインシンポジウム「ドイツは現在の安全保障情勢にどう対応しているか―米国との関係を中心に~ドイツ与党SPD国会議員団長を迎えて~」

3月10日(水)に、「ドイツは現在の安全保障情勢にどう対応しているか―米国との関係を中心に~ドイツ与党SPD国会議員団長を迎えて~」をテーマに、オンラインシンポジウムを開催いたします。

ロルフ・ミュッツェニヒ氏(ドイツ連邦議会議員、社会民主党(SPD)国会議員団長)、福山哲郎氏(参議院議員、立憲民主党幹事長)をお迎えし、日本とドイツが直面している安全保障政策の課題について議論します。

 

Photo: Bernardo Fuller/Flickr; Lizenz: CC BY-NC-SA 2.0

日本同様に第二次世界大戦における敗戦国であり、大規模な米軍基地を擁するドイツ。米国の同盟国であり、また、世界有数の経済大国であるという点も日本と共通しています。近年、トランプ政権下では、米国との関係の悪化も指摘され、在独米軍基地の縮小も喫緊の外交課題となっています。

 

アジア太平洋地域にまで安全保障の視野を広げるドイツですが、66%のドイツ国民が米中対立では中立を選ぶとの世論調査の結果も出ています。また、日米地位協定の改定は過去一度もなされていませんが、ドイツでは、日米の地位協定に相応するボン補足協定についてドイツ国内法の尊重義務を米兵に課すなどの改定もなされています。

 

ドイツの米国との関係、在独米軍基地のあり方、現在の国際関係についてのドイツ国民の受け止めなどについて、ドイツ政権与党・社会民主党(SPD)の国会議員団長(兼外交担当)であるロルフ・ミュッツェニヒ氏に最新の状況をお話いただきます。また、日本からは立憲民主党幹事長の福山哲郎氏にご登壇いただき、ご意見を伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

- 日時: 2021年3月10日(水)18:00~19:30 (日本時間/JST)

10:00 am - 11:30 am (ドイツ時間/GMT, UTC +1)

※当日は17:30から開室しています。18:00の開始まで待機室でお待ちください。

- 会場:Zoomにてオンライン開催いたします。

- 言語:英語・日本語(同時通訳)

- 主催:新外交イニシアティブ(ND/New Diplomacy Initiative)

- 共催:フリードリヒ・エーベルト財団(FES/ Friedrich-Ebert-Stiftung Tokyo)

 

●ND公式Youtubeチャンネルにて、本シンポジウムの動画をアーカイブ再生でご覧いただけます。

- オンライン動画:https://www.youtube.com/watch?v=EEgJXi3pRxk

※再生するとき、日本語・ドイツ語字幕が表示されない場合、

YouTubeの「設定」→「字幕」より「ドイツ語-Japanese」を選択してご覧ください。

----------------------------------------------------------------------------

Friedrich-Ebert-Stiftung
Japan Office

7-5-56 Akasaka
Minato-ku
Tokyo, 107-0052
Japan

+03 6277-7551
+03 3588-6035

office(at)fes-japan.org

back to top