16.04.2019

シュタンツェル元駐日ドイツ大使による講演 "Between a Rock and a Hard Place”

フォルカー・シュタンツェル元駐日本ドイツ連邦共和国大使が、 "Between a Rock and a Hard Place: Middle Powers Amidst Global Power Shifts"をテーマに講演を行います。民主国家では自由主義がますます拡大し、民族主義的ポピュリズムが大国の政策に影響を及ぼしつつあります。脆弱なミドルパワーとしての国家は、この状況から抜け出す道を見つけなければなりません。そのためには、彼ら自身の社会が抱える問題を解決することが必要です。

 

 

 

 

 

Photo: @Pixabay

フォルカー・シュタンツェル氏は、過去に駐日・駐中国日本ドイツ連邦共和国大使を務め、現在はGerman Council on Foreign Relations(DGAP)副代表、ドイツ国際政治安全保障研究所(SWP)シニア特別フェローを務めている。

日時:2019年4月16日 19:00~20:30

場所:上智大学10号館3階301会議室(東京都千代田区紀尾井町7-1)

言語:英語

申込不要

主催:上智大学比較文化研究所

Friedrich-Ebert-Stiftung
Japan Office

〒107-0052 東京都港区
赤坂7-5-56
ドイツ文化会館410

+03 6277-7551
+03 3588-6035

office(at)fes-japan.org

back to top