22.05.2023

講演会「ウクライナ戦争の陰に潜むEUエネルギー政策」

ロシアの違法なウクライナ侵攻により、欧州連合(EU)はロシアからのエネルギー供給に依存していた事実に直面することとなりました。2020年には、EUの総エネルギーの25%がロシアからもたらされ、一部のEU諸国はロシアのガスと石油にほぼ完全に依存しています。

独社会民主党のイェンス・ガイヤー欧州議会議員は、ロシアのウクライナ戦争がEUのエネルギー政策に与えた影響とその対策、また今後の課題について議論します。さらに、再生可能エネルギーへのシフトがもたらす展望とエネルギー効率向上の必要性、ロシアのエネルギー供給への依存度を下げることの政治的・経済的意味合いについて考察します。

日時: 2023年5月22日(月) 18時30分~20時30分 

言語: 英語 

会場: 上智大学四谷キャンパス6号館407号(対面のみ)

主催:上智大学比較文化研究所(ICC)

共催:フリードリヒ・エーベルト財団(FES)

Friedrich-Ebert-Stiftung
Japan Office

〒107-0052 東京都港区
赤坂7-5-56
ドイツ文化会館410

+03 6277-7551
+03 3588-6035

office(at)fes-japan.org

back to top