01.12.2014

「ユーロ危機をめぐる6つの『神話』」

長年にわたる欧州の経済危機を経て、EUに反対する多くのデモが行われた。ドイツはこうした動きの中心にあるとは言え、反EUの右派の動きは、まだ国内政治に決定的な問題を与えるにはいたっていない。しかしながら、「ドイツは正しい行動をした」という見方は間違っている。 本稿ではこの議論を検証する。

Friedrich-Ebert-Stiftung
Japan Office

〒107-0052 東京都港区
赤坂7-5-56
ドイツ文化会館410

+03 6277-7551
+03 3588-6035

office(at)fes-japan.org

back to top