04.06.2013

シンポジウム「対中国認識および日本とドイツの外交政策」

このシンポジウムでは、中国に対する日本・ドイツ・アメリカの認識・評価、およびその背景について議論を行いました。

勃興する中国に対する諸外国の認識の違い、特に日本・アメリカ・ドイツのメディア・政治・経済・学術界による中国に対する認識・評価、およびその背景について、日本とドイツの政治家および研究者が議論を行います。

 

日時: 2013645
場所: ベルリン日独センター(ドイツ、ベルリン)
言語: ドイツ語-英語同時通訳

主催:ベルリン日独センター(JDZB)、フリードリヒ・エーベルト財団(FES) 協力:アジア政経学会(JAAS)、ドイツ・アジア研究所(DGA)

Friedrich-Ebert-Stiftung
Japan Office

〒107-0052 東京都港区
赤坂7-5-56
ドイツ文化会館410

+03 6277-7551
+03 3588-6035

office(at)fes-japan.org

back to top