出版物

08/18/2020

論文「日本におけるCOVID19との闘い」

日本は新型コロナウイルスの感染対策として強力なロックダウンを行わずに、強制力のない外出制限や接触制限を行いました。これによって大量解雇や経済崩壊は回避されましたが、政府に対する国民の信頼は大きく低下しました。それは、大規模な景気刺激策が導入されたものの、実際に国民に支援が行き渡っていないからではないでしょうか。また、コロナウイルスの検査件数が少ないという点でも政府の施策には批判が上がっています。公式発表によると、6月末までの感染者数はおよそ2万人弱、死亡者数は1000人弱となっています。

 


More

05/15/2020

論文「ドイツと核兵器共有」

核兵器共有の将来について、そしてドイツおよびヨーロッパに保管されているアメリカの戦術核兵器はドイツやヨーロッパをより安全にしてくれるのか、それとも安全保障政策としてもはや時代遅れとなっているのか、本稿でドイツ連邦議会のロルフ・ミュッツェニッヒ議員が論じます。


More

04/14/2020

「日本の労働連合」 "Gewerkschaftsmonitor Japan"

日本の労働組合が直面している課題とは?本稿では、労働組合を取り巻く現在の日本の政治、経済、社会的状況について論じます。


More

01/20/2020

コロナVSアベノミクス:コロナ危機における日本の対応

長年にわたり安倍政権は日本経済の再生を目指し「アベノミクス」を推し進めてきました。しかし、その成果は限定的なものにとどまっており、このコロナ危機がアベノミクスにとどめを刺すことになるかもしれません。

 


More

01/15/2020

すべてはフェイクニュース?安倍首相の「美しい国」づくりとは

安倍首相はその著作で日本を「美しい国へ」することを掲げています。しかし、最近のスキャンダルの数々からは、フェイクニュースが広められていることも明らかになってきました。


More

07/01/2019

「日本の労働連合」"Gewerkschaftsmonitor Japan"

本稿では、現在の日本の労働組合の課題、また労働組合を取り巻く政治、経済、社会的状況について論じます。


More

09/21/2018

論文「ドイツの自動車産業の未来-「Disaster」がもたらす変化か、「Design」による変革か?」

中国やシリコンバレーでデジタルモビリティという新しいコンセプトが生まれる一方で、環境保護の観点からディーゼル自動車を禁止する動きが見られる中、ドイツ経済の中核である自動車産業は困難に直面しています。政治には、利害関係者同士の対話を主導するとともにモビリティの変革をサポートすることで、モビリティの未来協定とドイツの自動車産業の変革を実現させることが求められます。


More

09/21/2018

ドキュメンタリー「教育と愛国」

ドキュメンタリー番組「教育と愛国」は、小中学校で新教科として導入された道徳教育を巡る昨今の議論を批判的な視点で伝えています。特に、道徳教科で使用される教科書の編集、検定、決定のプロセスに焦点を当て、さらに現在の歴史教科書問題も分析されています。


More

09/21/2018

論文「日本の再生可能エネルギー政策とエネルギーシフト(Renewable Energy Policies and the Energy Transition in Japan)」

この研究論文では、日本の再生可能エネルギー政策とエネルギーシフトの概観が示されています。気候変動対策の見通し、原子力問題、再生可能エネルギー促進に向けた政策等、電力システムの現状を描写するとともに、これらの持つ社会的側面や政治的な実現可能性を分析します。さらに、地域発電やクレジット制度等を含むエネルギーシフトの推進に向けた長期的ビジョンを提示し、このための政策提言も行っています。


More

12/15/2017

論文『インダストリー4.0に向けたソーシャル・イノベーション政策』

「インダストリー4.0」は全ての製造部門と工程の完全なネットワーク化を特徴とする「スマート工場」構想で、コンピューターによるリアルタイムでの制御、ロボット利用の増大、作業単位ごとの自動運転により、資源を節約し生産性を上げようというものです。インダストリー4.0の概念は、ドイツのデジタル化議論において最も重要なテーマとなっています。著者のダニエル・ブーア博士は「インダストリー4.0が単なる技術革新ではなく社会変革として理解され、定義された時、この大変動に対する答えが初めて見えてくるだろう」と述べています。


More

Friedrich-Ebert-Stiftung
Japan Office

〒107-0052 東京都港区
赤坂7-5-56
ドイツ文化会館410

+03 6277-7551
+03 3588-6035

office(at)fes-japan.org

FESの出版物

図書館のサイトでは、FESのすべての出版物を検索していただけます。

FES library website

催し物

back to top